忍者ブログ
チャムスはアメリカから生まれたカジュアルテイストのアウトドアブランドです。チャムスはアイウェアからスタートしショルダーバッグや帽子などが大人気となっています。チャムスのショルダーや帽子の紹介や、購入者の感想レビューをお届けしています。
2017/04/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/07/27 (Tue)

チャムスのドラムバッフルの購入者から寄せられている感想レビューをご紹介します。

□ とってもかわいいですよ♪

ドラムバッグはOUTDOORを愛用していたんですが、ついに壊れてしまって、新しいのを探しているときにチャムスを発見。

画像で確認して、ヘザーティールを購入です。

画像よりは、実物の方がずっとかわいいですね。

特に、私の買ったのは、持ち手がシマシマになっていて、さらにかわいさ倍増です。

先代のOUTDOORのダッフルよりは小さいんですが、チャムスは作りもしっかりしているので、ガンガン気にせず荷物を詰め込んでいますが、しっかり入りますね。(笑)

良かったです。

チャムスのドラムダッフルのその他のレビューはこちら⇒⇒⇒


PR
2010/07/25 (Sun)

チャムスで人気のセウェット素材のダッフルバッグのご紹介をします。
幅約41cm、高さ約22cm、マチ約19cmで、タップリ収納のバッグです。

チャムスの人気バッグの特徴であるスウェット地ですので、大型の割りに肩に掛けるとクタッとしてくれてとってもかわいいですよ。

収納力はバッチリ。

お弁当やペットボトル。
A4サイズのファイルや雑誌など・・
とにかくタップリ入りますから、

「荷物多目さん」から「通学バッグ」としてもオススメです。

内ポケットもありますが、サイドにマジックテープのポケットがあって、これも便利です。

ちょっとした小旅行にも使えるユニセックスバッグ。
いろいろな機会に大活躍してくれそうです。

チャムスのドラムバッフルバッグの詳細はこちら⇒⇒⇒


2010/07/23 (Fri)

もうひとつ、チャムスのラージバナナショルダーバッグの購入者の感想レビューをご紹介します。

□大きくて軽い

ちょっと青が強目の色合いで、とっても落ち着いた感じがするので、パープルを購入しました。
男女どちらでも使えると思います。

たっぷりした大きさなのに、とっても軽いので、マザーバッグには最適だと思います。

お財布、携帯、化粧ポーチ、オムツや着替え、ペットボトル・・・まだまだ余裕がありますよ。

バッグに余裕があるのに主人が気づいたらしく、普段ズボンのポケットに入れている主人の財布やタバコなどを、このバッグのフロントポケット部分に勝手に放り込んできます(笑)

ハンカチやティッシュなどサッと取り出すにも本当便利です!

チャムスのやっぱりかわいいバナナショルダーはこちら⇒⇒⇒


2010/07/21 (Wed)

続いて、チャムスのラージバナナショルダーバッグの購入者の感想レビューをご紹介します。

□ ネイビー購入

チャムスは、小さいショルダーを以前から愛用しています。

今回は大きいサイズが必要になったので買い足しになります。

残念ながら、在庫が3色しかなくて、悩んだ結果、主人でも使えるようにネイビーに決めました。

サイズもそれなりにあるので、男性でもまったく問題なく使えると思います。

私は身長159cmですが、バナナショルダーは物を入れても自然と体に添ってクタッとなってくれるので、バッグだけが目立ってしまうことはありません。

外側のポケットは大きくて、物はたくさん入りますが、口が大きい分、ラフに扱うと、落ちやすそうな気がします。貴重品は、中のポケットがおすすめですね。

夫婦でたくさん使いたいと思っています。


チャムスのバナナショルダーの詳細はこちら⇒⇒⇒


2010/07/19 (Mon)

つづいて もうひとつスモールバナナショルダーの感想レビューをご紹介します。

□ スモールで十分!

使い方によって変わるとは思いますが、女性の普段使いならこのスモールで充分じゃないかなと思います。

財布だけでも結構かさばってしまう蛇腹折り財布に、鍵、携帯、デジタル一眼、簡単な化粧ポーチまで入ります。
見掛けよりも収納力抜群です。

カラーはラズベリーにしました。
私が買ったモデルは、ファスナーのところのスウェット地がボーダー柄で、コレがまたかわいいのでとっても気に入ってます。

シンプルな洋服が多いので、チャムスのカラーはいいアクセントになります。

ちょっと重い荷物でも、それを感じさせないバナナショルダーのおかげで、完全にヘビーユースです。

チャムスのバナナショルダーの詳細はこちら⇒⇒⇒


1  2 
忍者ブログ [PR]